思う事

改めて、今回の大震災で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

悲しみの中にいる方々が、一日も早く、笑顔に戻れる日が来ますように。一人でも多く、救助される方が見つかりますように。

まだライフラインが復旧せず、救援が行き届いていない地域の方々に、本当に本当に、どうか一刻も早く物資が届きますように。

これから、余震も収まっていき、みんなが安心して暮らせる日に向かって行きますように。



地震が起きてから、よく地震のことを調べました。日本はプレートが重なっているし、活断層もいっぱいあるし、活火山もいっぱいある。
こわくなって、はあ、、火山までか。と思い、火山を思い浮かべてみるのですが、
雄大で、雪を被っていて、煙を噴いていて、私の中では未だなお美しいイメージでした。
私が最近、北海道まで東北新幹線と青函連絡線を乗り継いで帰った時に、見て心打たれた景色です。

東北地方。空気がキレイで、涼しくて、雪がたくさん降って、魚がおいしくて、お米がたくさんとれて、人が強くてあたたかくて、美しい美しい愛される土地だと思います。
そんなところが傷ついて、本当に悲しい。

けれど、
どんなに日本が地震的に恐ろしい国だとしても、きっとどこもそれ以上に美しくて、美味しい。それを守りたい強さがある。もう一度美しい景色を見たいと思う。美味しい名物をどうか食べたいと思う。
日本人なんだな、と思いました。
たくさんの外国の方々が、また旅行先として選んでくれる国になりたい。


被災地の人々の強さ、日本のライフラインの仕事に就く方々のすごさ、技術、感動しました。
YouTubeで、「また再建しましょう」と言ったおじいさんのセリフの動画、感動しました。
(多くの方が見られていると思いますが、見ていない方は是非見て下さいませ。動画にも、コメントにも感動しました。
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo


もったいない、ありがたい、戦時中を生き抜いたひとたちの教えが、一日に何度も身にしみ、たくさんのことに気づかされる毎日です。
電気なしで太陽の光だけが差し込んでいる大きな駅の雰囲気がとっても穏やかで、泣きそうになりました。
地震があってからなんとなく簡単な料理しかできてなくて、久しぶりに近所の定食屋さんに行った時に泣きそうになりました。いただきますの時に、自然に手を合わせている人を見て泣きそうになりました。

買い物をするときなど、顕著に、私たちの食卓と、農業や漁業、酪農家の方々が直に繋がっている事を感じて、心から無事であることを祈る気持ちになりました。
どうかまたおいしいおいしい海の幸、農産物を安心して、作れるようになりますように。

これからいただきますとごちそうさまをするとき、思いを馳せる事を絶対に忘れません。


原発。
現場で命がけで作業している方々に、本当に心から感謝、祈ります。
そしてこれからの生き方。
いろいろ考え、現段階からその方向に向かってスタートしたいと思いますが、また改めて書こうと思います。


今はとにかく、一刻も早く復興の手、救援が、被災された方々すべてに行き渡りますように。
そのためにできること、探してやります。
募金、節電、わずかながら物資の提供などでしょうか。元気も余っているのでどこかで使いたいです。

そして私は、
もうすぐ、これから、夢いっぱいをたくさん届けられるように、がんばります。


生活を今後切り替えなければと思います。
工夫する事、考える事、あとは人にやさしくすること、感謝、祈る、想像すること、


そして改めて、十分に気をつけ続けましょう。
復興組がありえないくらいがんばっている。再建、想定外以上にがんばりましょう!食べ物も経済も技術も学問も文化も芸術も人柄も、最高な国にしたい。



追伸
b0129998_1325828.jpg

節電生活のお供に。ソーラーボールライト ¥1,575。街で見かけて可愛さと賢さ(すごい!)に感心して買ってみました。
お昼に外に出しておけば、暗闇で自動点灯8時間(以上してました)してくれます。うちでは避難灯として台所や廊下などに置いています。
b0129998_1331181.jpg


by rukasound | 2011-03-21 04:34 | others