(不完全)完璧主義者なので、今年の書けていなかったところまでさかのぼります。
特筆したいがために、なかなかひょぃと筆を執れず、ご無沙汰してしまいました。(涙。)


3月(3月!)、
"Baby Dolly Alice"の作編曲を担当させていただきました。悠木碧さんのアルバム、「プティパ」

素敵なギターは遠山哲朗さんが弾いてくださいました。
コンセプトが"移動遊園地"というこのアルバムは、聞くと異世界に飛ばされたようで度肝を抜かれます。
制作時にものすごく衝撃を受けたのが、悠木さんの表現力の凄さでした。
担当させていただいた1曲中だけでものすごい衝撃だったので、アルバムを通して聴いた時の衝撃と言ったら、ものすごい衝撃×曲数分で、もう本当にすごいです。尊敬の極みです。


yoshiki*lisaさんアルバム「Poche」にて、"LOVE SQUALL"の編曲を担当させていただきました。
大人なソプラノサックスは白坂勉さんが演奏してくださいました。
そして吉木さんの素晴らしい歌です!
実はかなりのアニメGOSICK好きの私にとって、それはそれはとても幸せなひと月でした。
ありがとうございました!!!



4月。
クッキンアイドルアイ!マイ!まいん!テーマソング "ハッピー!クッキンタイム♪"の作詞を担当させていただきました。
作編曲は宮崎誠さんです!
カップリングの"キッチンプリンセス"の作編曲も担当させていただきました。前月発売の「歌のレシピ6」にても、クッキンソングを少し書かせていただいております。
長谷川智樹さんリアレンジの、ワクワクキッチンカーニバル〜ワールドミックス〜もすごく面白かったです^^ありがとうございました!!


5月。
その制作期間はすさまじく刺激的で、すさまじくすさまじく良く刺激的で、エキサイティングでした、清竜人さんの4thアルバム「MUSIC」。
"GENERATION GAP なんて言わせない!"の編曲を担当させていただきました。
清さんは以前から素晴らしいアーティスト様として存じ上げておりましたが、堀江由衣さんのインモラリストの版でご一緒させていただいてから特に、ついに若き天才が現れたか、と思っておりました。

本当に驚いたことに、その清さんから、「まいんちゃんの曲が好きである」ということをきっかけに編曲で参加させていただくことになり、人生って!!!!!と驚嘆しました。
本当に何があるかわかりません。
まいんちゃんで書かせていただいている曲の世界とサウンドと哲学(?)は、私のルーツの中のルーツの投影とも言えるほど私に根深いものなので、すごくうれしかったです。

素晴らしいギターは古川望さんが弾いてくださいました!
そして、なんと言ってもこの曲のテーマであり聞き所である清さんと、4人の祖父母さま達の日常のやりとり。
その祖父母さま役ですばらしすぎる演技とコーラスを奏でてくださった、
伊集加代さん、山田洋子さん、若子内悦郎さん、藤島新さん

以前日記かtwitterで、「今日のrecはなんというか、長生きしたいと思った」と書いた記憶があるのですが、本当にそう思いました。
曲と歌詞と歌と演奏とお人柄の力でしょうか、人生って素晴らしく楽しそうだなと思わされたのでした。携わらせて頂き心よりありがとうございました!!

少し飛びますが、2012年、7月24日。
東京SHIBUYA-AXにて、清竜人さんのMUSIC SHOW を見させていただきました。

もう、本当にとにかく素晴らしく最高に面白かったです!!!


「MUSIC」というアルバムはとてつもない発想で人々をびっくりさせるものかもしれないと思いますが、何より印象深かったのが、やはりの、清さんのメロディと歌詞という「素」「芯」のあまりの凄まじさでした。
ここまで多種多彩のアレンジという派手な衣装やお化粧した姿を耳にして、とくにそう思いました。

非常に個人的な余談ですが、このアルバムの中で1曲狂おしいほどに好きな曲がありまして、
子供の頃の私が聴いていたら、その曲をきっかけに脳みそが作られて、音楽を始めただろうな、という深ーいツボに入っています^^

もはや一ファンとして、次の動向がとても楽しみです。


それと清さんの素晴らしさもさることながら、マネージャー様の愛も私は素晴らしく魅力に感じています。
アルバムについての記録や、MUSIC SHOW についての記録がとても面白いです。




なんだかまた饒舌にしゃべりすぎて不安に駆られています。
一作家がこんなにしゃべって良いのでしょうか。大丈夫そうでしたら、、、後半に続きます。
by rukasound | 2012-09-29 18:44